人生初のファスティングダイエット!断食&酵素ドリンク生活を3日間実践してみた効果とは!?

こんにちは!
キュアレSHOPスタッフの今川です。

「最近、肌や髪がパサついてるなぁ・・・」
「お腹や脚のお肉が気になる・・・」
「うそっ!目の下にクマが!?」 など、

毎日のメイクに
髪や素肌の状態、
ボディラインから
ファッションまで

女性の美容や健康、
特に【ダイエット】についての
悩みは常々尽きませんよね・・・。

 

特にこれからの季節は
暑くなってくるから
服も薄くなるし、
肌を出す部分も増えてきます。

 

ん??
そうすると、今の体のラインが
隠せなくなるから・・・、

二の腕や太もものぷよぷよした
お肉が目立ってしまうかも!?

 

うわ〜!こ、これはマズイ!
早急に対処しなっくちゃ!!(焦)

 

と!いうわけで、
最近話題になっている
「ファスティング」(断食)を
実践してみることにしました☆

 

今日はこの、人生初
「ファスティング」3日間
実践レポートをご紹介します!

 

 

話題の「ファスティング」って何のこと?

とは言いつつも、
「ファスティング」 って
最近流行ってるみたいだけど、
何のこと?っていう状態でした。

 

ファスティング=Fasting。
英語ではFast(断食、絶食)+ing(〜する)
という意味で、日本語でもそのままですね。

 

ファスティング の期間中は
固形物の食事を摂らない代わりに、
水分のみで過ごします。

通常の食事の代わりに
酵素ドリンクを飲んで、
栄養を補給しながら
期間限定の断食を行うことが
一般的のようですね。

 

酵素栄養学との考え方と、
ナチュラルハイジーンの
体の活動時間のサイクルを元にした
健康療法の一つです。

「断食療法」や「絶食療法」と
呼ばれることもあり、モデルや
アスリートなどの芸能人や
多くの女性から注目されています。

 

これを聞いて最初に抱いた印象は
「うわ、断食・絶食ってキツそう」
「好きなもの食べられないって辛い!」
「制限のある食べ物が多いなぁ・・・」と、
ほぼマイナスのイメージでした。(笑)

 

ただ、ファスティングで
「たった1週間で体重が3kg落ちた!」
「食事の好みが変わった」
「肌や髪がキレイになった♪」
という話も聞いていたので、

効果が出るなら・・という期待と、
大変そうだな・・という不安、
1週間だけなら楽かも・・という好奇心で
とてもドキドキしていました。

 

「ファスティング」の効果と注意

ファスティング(断食)には
食生活の改善や、
体重・体脂肪を落とすという
ダイエット効果の他に、

消化器官を休ませ、体の
消化・吸収・排出のサイクルを
整える効果があります。

 

体に溜まった毒素の排出力が高まるので、
腸内環境の改善や肌や細胞の
新陳代謝が活性化します。

 

その結果、血液がサラサラと
流れやすくなるので、
冷え性や疲労感の改善や
肌の調子が整うことに繋がります。

 

持病で薬を服用されている場合や、
発育途中の中学生以下、高齢の場合、
妊娠・授乳中の場合、体調不良の場合や
極端に痩せている場合、
食物アレルギーのある場合などは

健康な方でも
ファスティング に向かない
可能性があるので、お医者様と
相談してから行うように
気をつけてくださいね!

 

「3日間ファスティング」のやり方☆

ファスティング の断食期間は
自分で行う場合、2〜3日を目安に
するのが安全と言われています。

それ以上長い期間になると
危険を伴う場合もあるそうなので、
注意が必要です。

 

そして、断食前の1〜2日間に
固形物を減らす準備期間と

普通の食事に戻る前の
復食期間1〜2日間があるので
全部で1週間位の
時間が必要になります。

 

準備と復食の期間を長めに
1週間位に設定しても効果があります。

 

特に復食期は、急に固形物が入ると
胃や腸に大きな負担を与えるため、

最初は味付けをしないおもゆや
おかゆ、具なしの味噌汁から
始めるのがオススメです。

 

また、ファスティング の期間中は
1日あたり約1〜2Lの良質な水を
こまめに飲みます。

 

ファスティング 中の食事は、
「白砂糖」、「食品添加物」、
「動物性タンパク質」、「高GI食品」、
「過酸化脂質」、「トランス脂肪酸」、
「生の植物の種」、「カフェイン」
などを避けます。

具体的に避けるのは、
「ショ糖」、「保存料・着色料」、
「肉」、「卵」、「チョコレート」、
「白米、白いパン、うどん」、
「バター・チーズなどの乳製品」、

「使い古しの油」、「時間が経った干物」、
「一晩置いたカレー」、「揚げ物」、
「スナック菓子」、「マーガリン」、
「コーヒー」、「紅茶・緑茶」、
「お酒(アルコール)」、
「タバコ」、「アメ・ガム」などです。

 

逆に食べて良いのは、
「低GI食品」、「食物繊維」、
「酵素・発酵食品」、「オメガ3系脂肪酸」、
「短鎖脂肪酸」(梅干し、黒酢)などです。

具体的には、
『こ』「穀類(玄米、雑穀米)」、
『と』「唐辛子(香辛料)など」、
『ま』「豆類(豆腐、味噌、大豆)」、
『ご』「ゴマ、ナッツ(木の実)」、

『わ』「ワカメ、昆布など海藻類」、
『や』「野菜類、果物類」、
『さ』「魚」(復食期は避ける)、
『し』「しいたけなどキノコ類」、
『い』「イモ類(ジャガイモ、サツマイモ)」、

それと、
フラックスシードオイル(亜麻仁油)などです。

 

実践!「3日間ファスティング」の効果は・・・!?

ここまででファスティングの
やり方と効果が分かったので、

必要な酵素ドリンクとお水、
断食期間中の代替食を用意して
いざ、実践です!

 

<準備期・1日目>
朝は酵素ドリンク、
昼・夜は代替食の
食事をしました。

 

元々朝食を食べる習慣が無く、
酵素ドリンクだけでも
特に不満は感じませんでした。

 

ただ、1日2Lも水を飲む
習慣が無かったので、

意識して水分を取ることと、
いつもよりかなりトイレが
近かったこと、体の変化を
記録をすることが少し大変でした。

 

体温は36.7度とやや高めでした。

体重と体温を記録していたので、
最後に比較してみたいと思います。

 

<準備期・2日目>
朝は酵素ドリンク、
昼・夜は代替食の
食事をしました。

寝起きは多少
だるかったものの、
水を2L飲むのにも慣れてきて、
問題なく1日を過ごせました。

 

アゴが少しシュッと
細くなり、体重は
準備日1日目と
比べて、−0.5kgでした。

体温は37.0度。微熱ですかね?

 

<ファスティング期・1日目>
いよいよ、断食本番です。

朝・昼・夜の全て、
酵素ドリンクと
水のみで過ごします。

夕方にも一度、酵素ドリンクを飲みました。

 

どうなるのか緊張していましたが、
空腹感もあまり感じず
割と1日楽しく過ごせました。

わざと出かける用事を入れて
おいたことも、初めての
ファスティングでは
良かったのかもしれません。

 

ご飯を選ぶ時間が浮いたので、
本を読んだり、ゆっくりした
時間を過ごせました。

 

体重は、準備日2日目から
比べて、—0.8kgです。

体温は36.8度でした。

 

<ファスティング期・2日目>
断食2日目。
朝・昼・夜全て、
酵素ドリンクのみで過ごします。

この日も夕方に
一度酵素ドリンクを飲みました。

 

15時過ぎに少し眠くなりましたが、
固形の食事をしていなくても
体を動かせることが驚きでした。

 

空腹が気になった場合は、
規定量内なら3食の時間以外にも、
いつでも酵素ドリンクを
飲んで良いというのは救いでしたね。

 

体重はファスティング期1日目と
比べて、+0.1kgでした。
微増してる・・・。

体温は、36.9度でした。

 

<ファスティング期・3日目>
断食最終目。
朝・昼・夜全て、
酵素ドリンクのみで過ごします。

夕方に一度酵素ドリンクを飲みました。

 

この日は空腹感が気になりました。
断食終了が寂しくなりましたが、
夕方に少し頭痛が出てました。

 

体重はファスティング期2日目と
比べて、—0.2kgでした。

体温は、この日も36.9度でした。

 

<復食期・1日目>
朝は酵素ドリンク、
昼・夜はおかゆを
食べました。

 

この頃には水分で食事をすることに
慣れたせいか、そんなに
「食事が欲しい、食べたい」と
思わなくなっていました。

チョコもチーズもベーコンも
大好きだったので、
気持ちの変化に驚きました。

 

ただ、久しぶりに
水分ではない食事をしたら、
胃が張ってしまい、
断食中よりも辛い気持ちでした。

胃に刺激が入ったら
食べていなかった反動か、
空腹感を強く感じました。

 

体重はファスティング3日目と
比べて、—1.1kgでした。

体温は37.1度でした。
高めの体温が続いていても、
体の調子は良い状態です。

 

<復食期・2日目>
今回のファスティングの
最終日です。

朝は酵素ドリンク、
昼・夜はおかゆを
食べました。

 

前日ほど、空腹感を
不快には感じませんでした。

 

夕方、ふと親指の爪を見たら
爪の色が青っぽくなって
いたことに驚きましたが、
特に体調に問題はありませんでした。
(翌日には爪の青さは消えました。)

 

体重は復食1日目に
比べてー0.4kgでした。

 

体温は、36.9度でした。

 

総合すると、
私の人生初・3日間の
ファスティングは、

計測期間は1週間、
体重 —2.9kg、
平均体温 36.9度
結果になりました!

 

まとめ

実際にファスティングを
試してみると、
想像していたよりも
簡単に出来るなという印象を受けました。

 

体温の高さが気になりましたが、
37.0度位の体温は
体の中で一番酵素が働きやすい
温度だそうです。

 

実際に体が動きやすいという
体験するまでは、

一般的な微熱・発熱の体温が
酵素の働く適温だとは
全く思わなかったので
とても驚きました。

 

また、
私の場合は元々コーヒーよりも
ブレンド茶の方が好きで、
洋食より和食派だったこと、

フルーツ酢なども好きで、
酵素ドリンクのちょっと
独特な味にも抵抗がなかったことが

 

ファスティングの食生活を
受け入れやすかった
要因かもしれません。

 

ちなみに、恥ずかしながら
普段の食事はほとんど
コンビニでの外食なのですが、

 

コンビニでも魚のお惣菜や
サラダ・スープ、果物などを
意識して選ぶようにすると

意外と食べられる物が
多いことに気がつきます。

 

ファスティングは
普段の生活を見直したり、
自分の嗜好に気付く
きっかけになってくれました。

 

体調管理のためにも、
体に良い食事を意識し、
健康的な生活をこれからも
続けていければと思います!

 

今回ファスティングに
使用した酵素ドリンクはこちら▽▽

http://www.esthepro-labo.com/products/granpro/hzgp.html#gp_sec2