THE MAKURA

THE MAKURA 肩こりへの効果

ストレートネック

多くの仕事の内容がデスクワーク化していることから「肩こり」は現代病の一つに数えられます。
「肩こり」という状態は幅広く定義されていて「何か肩に乗っているような重たさを感じる」「肩が上がりにくい、だるさがある」「肩が上がりにくいこともないし、だるさもないけど疲れやすい」「肩回りの筋肉がつっぱった感じがする」など、全部ひっくるめて「肩こり」と言われ、人によって訴えが違います。

多くの方が困っている「肩こり」の原因は、寝具の問題によって、寝ている時間に体が回復できていないことが考えられます。
特に朝起きても肩が凝っている、疲れが取れていないといった状態であれば、寝具が合っていないケースが多くあります。

人は人生の1/3の時間を睡眠に使っていると言われています。
枕は一日中重たい頭を支えた首を休ませてくれるものです。そして睡眠時間は日中に溜めたストレスや疲労を解消する大事な時間です。
合わない枕は溜まった疲労を回復せず、肩こりを悪化させ眠ることで逆にぐったりさせてしまうこともあります。
そんな疲労が取れない場合の救世主がキュアレの「THE MAKURA」です。

日中デスクワークの場合、特に首に負担がかかっており、その負担が取れないまま寝てしまうと、体は休まらず回復していきません。
この「THE MAKURA」は首の負担を軽減する特殊な3段構造になっており、使用することで、整体効果が期待できます。
寝始めにこのTHE MAKURAで首の負担を軽減し整えてから寝ると、体は回復しやすくなります。
慢性的な肩こりでお悩みの方は、寝具、特に枕をこのTHE MAKURAにされてみてはいかがでしょうか。

そもそも肩こりの原因とは?

人間は身体に対して重すぎる頭を支えています。頭は体重の1/10の重さがあり、それを首や肩で微妙なバランスを取り続けながら支えています。
「肩こり」は、そのバランスが崩れたときに起こります。

バランスが崩れると肩・首周りの筋肉が緊張し固くなり血管を圧迫し、血のめぐりが悪くなり充分な栄養素が行きわたらなくなってしまうため、筋肉はますます固くなり疲労していきます。血管だけでなく神経を圧迫してくるため、痛みが出たり、しびれの原因にもなってきます。
放置しておくと、頭痛や手のしびれ、めまい、うつなど影響は他部位にまで及びます

ストレートネック

肩こりを悪化させてた原因は合わない枕かも・・・

枕が合っていないと首筋の筋肉に負担がかかり、頸部を圧迫して血流が悪くなります。眠りも浅くなり、睡眠不足にも繋がります。
枕が合わないと不自然な姿勢になってしまうため、首や肩の筋肉がこわばってしまいます。この状態で眠ると、1晩中常に肩と首の筋が緊張し続けてしまい、血流も悪くなります。
では、肩こりの改善する枕はどのような枕でしょうか。
肩こりを改善させるには寝ている間に発せられる「自然治癒力」を最大限発揮させる事が重要です。

人には健康になるための能力「自己治癒力」が備わっています。
自然治癒力が働けば、体の不調が起きても、夜しっかり寝さえすれば、次の日までに、ある程度回復させ不調を早く改善させる事ができます。

一般的羽毛枕やストロー枕はもちろん、低反発や首のカーブに沿った高級枕も、体型に合わせたオーダーメイド枕も頚椎を支えすぎてバランスをとるための「自然な体の動き」を制限する可能性があります。一般的な枕は首に支点があるこのタイプの枕なので、頸椎を支えることができず、寝ている間に発せられる「自然治癒」の脳からの指令が十分に体にいきわたりません。
そのため、肩こりを改善するための枕選びは、頸椎に負担がかからず脳の信号が体中に届きやすくする枕が重要です。

THE MAKURA重みが首の1点に集中している

一般的な高級枕

首に支点があるこのタイプの枕では、頸椎を支えることができず、寝ている間に発せられる「自然治癒」の脳からの指令が十分に体にいきわたりません。 結果、睡眠による睡眠の質が低くなります。
THE MAKURA重みを分散!首への負担を軽減!

キュアレ

「THE MAKURA」は頭と肩の2点支えをすることで首への負担を最大限に少なくしています。この形状だと、すべての頸椎に負担がかからず、脳からの「自然治癒」の信号が体中に届きやすく素早く体の調整が行われます。

肩こりの原因は枕にある?

健康的な体を維持する為には質の良い睡眠を心掛けることが大切ですが、自分の体にしっかりとフィットするような枕を使用していない場合、それが原因となって肩こりや腰痛を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。
寝ている時に少しでも違和感を感じたり寝心地が良くないと思ったのであれば、枕が合っていないことを示しているので思い切って変えてみると良いでしょう。

なぜ枕が影響で肩こりや腰痛になってしまうのか?

人は重たい脳を支えるために丈夫な脊柱を持っています。しかし、その脊柱が無理な体勢のせいで負担のかかるような状態になってしまった場合、脊柱周辺が凝り固まって徐々に悪影響を与えていき、最終的には血行が悪くなって肩こりなどを引き起こしてしまうのです。

また、一番大切だと言われている背骨にかけてのS字カーブを維持できない状態になってしまうと、途端に節々が痛くなって我慢できないような症状が現れてしまう可能性があるので、このS字カーブを維持できるような質の高い枕を使うようにすることが大切になります。

意外と寝ている時にはよく動くことが多いので、無理なく寝がえりをうつことができたり、自由に体勢を変えられるような状態にすることはすごく重要になってくることを知っておいてください。

肩こり

硬めがいい? 柔らかめがいい?

肩こり

また、好んで硬めの枕を使用する方が結構多いのですが、硬すぎると脊柱の動きを阻害してしまって身動きのしづらい状態にしてしまうこともあるので、寝た時にあまりにも重たい印象を持った場合には使用することを止めることも時には必要でしょう。

反対に、かなり柔らかいものを使用する場合、S字カーブを維持することができなくなって逆に腰などを痛めてしまうことがあるので、あまりにも頭が沈み込んでしまうようなものは使わないようにすることが良いです。その人の好みの問題でもあるので非常に難しいところではありますが、良さそうだからと言って安易に買ってしまうのではなく、その商品の特徴をしっかりと把握してよく調べて買うようにすると失敗しなくてすみます。


このように、どのような商品を購入するかで使用感に大きな違いが生まれてくることは分かったと思いますが、それなら一体どのようなものを買えばハズレがないのかよく知りたいという方も多いかと思います。そこで、今絶対におすすめしておきたい枕の種類について詳しく説明していきましょう。

おすすめの枕の選び方!!

まず、絶対に失敗したくないと思っているのであれば、やはり体験をしたうえで、体にどんな反応が現れるのかをみていく必要性があります。
体験をしてみて、
・肩に力が入る
・息がしづらくなる
・手や足に力が入る
こういった反応があるのであれば、自分に合っていない可能性が高いです。

逆に、体験をしてみて、
・肩の力が抜ける
・息がしやすくなる
・手や足もリラックスできている
このような反応であれば、体にあっていると言えるでしょう。

肩こり

寝ている際の枕によって、体に出る反応は違います。肩こりがある方は、寝ていて体を回復をさせる時間に、逆に負担をかけていることが考えられますので、特に注意して選ぶ必要があります。
一度体験をして、体に現れる反応を、一つ選ぶ基準としてみてあげてください。

THE MAKURAについてより詳しく知りたい方へ

THE MAKURA
THE MAKURA

THE MAKURA

寝るだけで体のゆがみを整える 『まくら型 整体器具』 / 枕カバー付き

販売価格33,000円(税込・送料込)
決済方法代金引換クレジット後払い ※分割払いもご利用いただけます
THE MAKURATHE MAKURA33,000円(税込)送料無料買い物かごに入れる買い物かごに入れる
買い物かごに入れる買い物かごに入れる