THE MAKURA

THE MAKURA ストレートネックへの効果

ストレートネック

全世代でスマホが普及し、何か気になることがあればすぐスマホで調べる事ができたり、ゲームや仕事もスマホ1台で何でも出来る時代になりましたね。
そんなスマホを使う現代人に多い悩みが「ネックストレス」です。

スマホはとても便利ですが、首にストレスがかかり続けている事を知っていますか?
ストレートネック」または別名「スマホ首」はスマホの普及にともなって増加傾向にあります。

「THE MAKURA」は整体師の臨床経験とノウハウを基に作られているため、整体に行かなくてもストレートネックへの効果を実感していただけます!

ストレートネックとは?

まず初めにストレートネックとは、本来あるはずの首のカーブの角度が無くなり真っ直ぐになってしまっている状態のことを言います。
通常であれば、首の骨は背骨と同じように、緩やかに角度がつきカーブを描いています。しかし、そのカーブが真っすぐになると、身体に様々な症状を引き起こしてしまいます。

最近では「猫背」といわれる背中が丸まっている人、スマートフォンの長時間の使用による前かがみの体制や、デスクワークなどからの姿勢不良から多くの方が「ストレートネック」と言われ、常に首にストレスがかかっています。

「ストレートネック」は現代病の一つです。
ストレートネックになることで肩コリ、首コリ、頭痛などが症状として出やすく、また、ひどくなると手のシビレや吐き気、めまい、耳鳴りなども引き起こし、顔を上げるのが辛いと言った日常生活の中でもトラブルが出ることがあります。

ストレートネック

睡眠時間で効率的にストレートネックを改善

ネックストレスは、毎日積み重なってくるものなので毎日リセットすることが大切です。
睡眠は体を修復する時間なので「ネックストレス」を改善するのに効率的な時間です。
質の良い睡眠を取ればネックストレスをリセットし、ネックストレスによって引き起こされた疲労も回復してくれます。
睡眠の質が悪くなる原因は色々ありますが、特に枕はネックストレスに深く関わっています。

ストレートネックで枕に困っておられる方にお勧めしたいのが”首に負担のかからない”という観点で作られている「THE MAKURA」です。
一般的な枕は、首から頭部をアーチ状に支えています。この形状だと、頭蓋骨内部にある一番端の頸椎を支えることができません。
頚椎が圧迫されると首の血流が悪くなってしまい、翌朝まで疲れが残る原因にもなってしまいます。
「THE MAKURA」は寝ている際に首の負担がかからないよう設計された3段構造で、首のストレスをフリーにする目的で多くの方に使われています。

THE MAKURA重みが首の1点に集中している

一般的な高級枕

首に支点があるこのタイプの枕では、頸椎を支えることができず、寝ている間に発せられる「自然治癒」の脳からの指令が十分に体にいきわたりません。 結果、睡眠による睡眠の質が低くなります。
THE MAKURA重みを分散!首への負担を軽減!

キュアレ

「THE MAKURA」は頭と肩の2点支えをすることで首への負担を最大限に少なくしています。この形状だと、すべての頸椎に負担がかからず、脳からの「自然治癒」の信号が体中に届きやすく素早く体の調整が行われます。

ストレートネックの原因と症状とは?

ストレートネック

ストレートネックはどのようなことが原因で起こるのでしょうか?
ストレートネックになるきっかけとして、先程もお伝えした、パソコンやスマートフォン等を使用する事で、身体の姿勢が猫背になってしまう状態が続くことがきっかけの一つとして挙げられます。
猫背の姿勢が続くと頭を支えている頸に一番負担をかけてしまいます。このまま頸に負担がかかり続けた結果、ストレートネックにより引き起こされる状態で怖いのが自律神経が乱れてしまうことです。
なぜかというと、後頭部から頸にかけて自律神経は密集しています。そこに負担がかかることで自律神経の乱れを引き起こしてしまうと以下の症状が引き起こされてしまいます。
・頭痛がする
・肩コリ、頸コリ
・めまい、ふらつき感がある
・耳なり
・寝違いを繰り返す
などが挙げられます。
また、頚は身体のバランス調整を司るセンサーも密集しており、頚の負担により身体がゆがみやすく、より一層症状を悪くしてしまいます。

ストレートネックによる症状を改善させる3つの方法

1.深呼吸をする

ストレートネックを引き起こす大きな問題として猫背が考えられます。深呼吸をする事で自律神経の乱れを整えるだけでなく猫背姿勢も改善するので是非やってみてください。深呼吸のやり方のポイントは
「胸を張るイメージで4秒かけて大きく吸って1秒息を止めて9秒かけてゆっくり吐く」
これを5回から7回繰り返します。
このポイントを押さえて実施する事で身体がリラックスし、緊張状態が緩和され猫背や自律神経の乱れが改善されやすくなります。

2.お風呂につかる

お風呂につかることで身体の血流もよくなるため頸だけでなく全身の筋肉のコリも緩和されてきます。
入浴をする事で存分に汗をかく事ができ、また汗をかくことで気分もリフレッシュできます。できるだけ38~40度くらいの、ぬるめの温度で15分ぐらいの入浴時間が効果的です。
寝る1時間前までに入浴すると心身共にリラックスでき、自律神経も整います。

3.首に負担のかけない枕を使う

寝る前にリラックスをした状態からは寝具が大事になってきます。
特に枕は、首に負担のかけない枕を選びましょう。
首のカーブを無理やり作る=ストレートネックの改善にはなりません。
1日6~7時間寝ている時に、いかに首の負担を軽減できるかが大事になってきますので、枕選びは慎重に行ってください。

ストレートネック

ストレートネックになる3パターン

肩こりや首のこり、その他の不調で、病院やクリニックで、「ストレートネック」診察を受け、なかなか枕が合わないとお悩みの方は、こちらの記事は参考になると思います。

1.反り腰タイプ

本来であれば前傾している首のバランスをとるために、腰でバランスをとって反り腰になってしまい、腰の関節や筋肉に負担がかかってしまいます。
多い症状:腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・ヘルニア

2.猫背タイプ

首のバランスを背中を丸めることによって軽減させようとして猫背になってしまい、首・肩に負荷がかかり血流障害などが起こりやすくなります。
多い症状:肩こり・頭痛・眼精疲労・背中痛・五十肩

3.足疲労タイプ

立っている姿勢をみると特にひどく崩れていないように見えますが、その足元で、良い姿勢の状態を維持しよう必死でバランスをとっているのが足疲労タイプです。
多い症状:足のむくみ、だるさ・膝痛・足の痛み

ストレートネックの方の枕選びのポイント

主にこの3つのパターンから、首に影響が現れ、症状やお悩みに繋がっているケースが多いです。

特に2の猫背タイプの方は、枕が合わないといったお悩みも多く、枕難民になる方も少なくありません。
それはなぜか?
猫背になることで、寝転んだ際、肩とベッドの間に隙間が生まれます。
そこから普段よくある枕を使うと、頭だけが持ち上がり、喉が圧迫されやすい状態になり、呼吸がしづらくなるということにつながります。
結果的に、眠っている際に呼吸が浅くなり、疲れも取れない、肩こりが取れない、背中が痛いなどの症状が出やすくなります。

ですので、ストレートネックの方には、肩とベッドの隙間を埋めるような枕がお勧めです。
肩から支えることになるので、喉が圧迫されにくく、呼吸がしやすい状態を作れます。寝ている際の呼吸もかなり大事になるため、枕選びをする際は、肩から支える枕を体験してみてはいかがでしょうか。

THE MAKURA重みが首の1点に集中している

一般的な高級枕

首に支点があるこのタイプの枕では、頸椎を支えることができず、寝ている間に発せられる「自然治癒」の脳からの指令が十分に体にいきわたりません。 結果、睡眠による睡眠の質が低くなります。
THE MAKURA重みを分散!首への負担を軽減!

キュアレ

「THE MAKURA」は頭と肩の2点支えをすることで首への負担を最大限に少なくしています。この形状だと、すべての頸椎に負担がかからず、脳からの「自然治癒」の信号が体中に届きやすく素早く体の調整が行われます。

病院に行っても良くならないストレートネック

病院に行っても良くならないものといえば、現代人に珍しくないストレートネックが挙げられます。
ストレートネックは名前のように首のカーブがまっすぐになってしまい、その結果様々な症状があらわれる疾患です。初期症状に多いのは首や肩のコリで、進行するとめまいや耳鳴り、頭痛や手腕のしびれを伴うこともあります。
頭はスイカくらいの重さがあるといわれていますが、それを支える首は常にバランスを取っています。
ところが、ストレートネックになるとバランスが崩れて、首やその周辺に負担が掛かることになります。

原因について

ストレートネック

原因の1つはうつむきがちになりがちなスマホの使用で、1日中スマホをいじっている人に発症リスクが高まります。
うつむいている間、常に頭の重さが首に負担となって掛かることになりますから、コリが生じたり痛みを覚えるのは当然です。
しかも、一度ストレートネックを発症すると簡単には治りませんし、生活習慣を見直さないと根本的な解決は難しいです。
病院に行けば診断してもらえますが、薬で治るような疾患ではありませんから、やはり結局のところ患者さんが自分で治そうとしなければ改善しないです。
生活習慣のアドバイスはもらえますが、実践するかどうかは患者さん次第なので、病院に行くだけで良くなるとは思わないのが無難です。

猫背や前かがみで体に負担が掛かる姿勢も、ストレートネックの発症や悪化のリスクとなります。
長時間座り続ける仕事をしている人は、いわゆる職業病のように発症したりなかなか治らないことがあります。
女性の場合は、妊娠や出産で骨盤に変化が起こり、反り腰になった結果首にも影響が出るケースが珍しくないです。
我慢できない痛みが生じている時は、病院で診断を受けることも大切ですが、整骨院などに相談して痛みを緩和してもらうのもおすすめです。

ストレートネック

対処方法について

ストレートネック

スマホの使い過ぎや姿勢など心当たりがあるなら、使い方や姿勢を見直して実践することも必要です。
スマホはなるべく目線の高さに持ってくる、あるいはスタンドを使って目線の高さで使用するのが良いでしょう。
また使用する時間を制限したり、ある程度使ったら休憩を挟むといった習慣化も症状の改善に役立ちます。
デスクワーカーや長距離の運転手は、休憩時間を設けて時々立ち上がったり、歩いて気分転換をすることをおすすめします。
それと休憩中にストレッチをして筋肉をほぐすことも、悪化を防ぎ改善を促進することに繋がります。
ハードなトレーニングは必要ありませんから、簡単にできるストレッチを覚えてこまめに実践しましょう。

日常生活で大事な寝具について

ストレートネック

睡眠は人生の約3分の1を占めるといわれているので、寝具や睡眠の環境の見直しもストレートネックの改善には重要です。
枕が合わないと首に負担が掛かり、首のカーブの形を変えてしまいますから、朝起きた時に首に痛みや違和感を覚えたら枕を変えましょう。
枕選びは思いの外難しいですが、高さと沈み込みや仰向け、横向きの姿勢と首のカーブを確認することで、自分に合った枕が見つけられます。
寝具はマットレスも首のカーブに影響しますから、枕とセットで買い替えを検討するべきです。

掛け布団は汗がこもりにくく快適なものを、枕カバーやシーツなどもこの際新調してしまいましょう。
空間も睡眠の質に影響しますから、外の光や音が入り込まないように厚手のカーテンを使ったり、空調で一定の室温や湿度になるように調整するのが正解です。
病院は診断をしたり、症状の緩和の頼りになりますが、生活習慣に原因がある疾患の改善にはあまり期待できないです。
自分で何とかしようとしなければ改善しませんし、他人任せでどうにかなるものでもないといえます。
病院などの医療機関や鍼灸院の助けを借りつつ、生活習慣を1つ1つ改善して焦らず続けることが、最も良くなる近道になると思われます。

ストレートネック

ストレートネックの方へ寝るときの注意点

ストレートネックについて

ストレートネック

人間の首は、本来緩やかなカーブを描いています。人間の頭は5~6kgの重さがあるのですが、首にカーブがあることで頭の重さを上手く分散させることが可能となっています。
しかし、近年首の骨が真っすぐになってしまうストレートネックに悩まされている方が少なくありません。
首のカーブが失われると、頭の重さを上手く分散させることができなくなるため、首や肩への負担が増加します。その結果、首こりや肩こりなどにつながるのですが、首や肩だけでなく頭痛や腰痛に発展するケースも多いです。

ストレートネックは様々な要因によって引き起こされますが、基本的には姿勢の悪さが原因であることが大半です。そのため、症状改善を図るためには日頃から姿勢を意識することが重要ですが、就寝中の姿勢には特に注意を払う必要があります。

ストレートネック

人間は1日の3分の1を寝て過ごしているので、睡眠時の姿勢は非常に重要と言えます。
身体への負担が少ない体勢で寝ることで、ストレートネックの症状も改善する可能性が高まるので、首への負担が少ない体勢で寝ることを心がけましょう。

寝る時の姿勢

ストレートネック

寝るときの姿勢は大きく仰向け・横向き・うつ伏せの3パターンがありますが、これらの中で最も首への負担が少ないのは仰向けです。そのため、普段から横向きやうつ伏せで寝る習慣がある方は、できるだけ仰向けで寝る習慣を身につけることが重要となります。
ただし、仰向けで寝ていたとしても、枕の高さが適切でないと首への負担が大きくなるので注意しましょう。
仰向けで寝た際の理想的な頭の位置は人によって異なるため、どの高さが良いのかを一概に言うことはできません。
そのため、ストレートネックの改善を図るためには、まず自身に合った高さを見つける必要があります。
仰向けで寝る場合、身体への負担が最も少なくなるのは、頭から肩にかけての骨が緩やかなS字カーブを描く姿勢です。
寝た時の目線が真上よりやや前を向いた状態が理想的な姿勢で、前を向きすぎている場合は頭の位置が高すぎる、あごが上がっている場合は頭の位置が低すぎると判断することができます。

枕の高さについて

ストレートネック

現在使用している枕が適切な高さなのは、仰向けに寝た際に生じる首の付け根との隙間でチェックすることが可能です。
人間の身体は、マットレスや布団などに直で仰向けに寝ると首と床の間に隙間が生じますが、この隙間を適切に埋めてくれていれば適切な高さだと言えます。
一方で、マットレスや布団から首の付け根付近が浮いている状態だった場合、頭の位置は高すぎです。このような状態だと、首への負担が大きくなるとともに、呼吸がしにくくなるのでいびきの原因にもなります。
また、枕と首の間に隙間が生じている状態だった場合、頭の高さが低すぎです。この場合、頸椎を支えることができないので負担が大きくなるとともに、寝違えや肩こりの要因にもなります。

隙間の空き具合は、首付近を手で触ってみることでも確認できるので、普段使っている寝具でチェックしてみましょう。

ストレートネック

なお、枕の高さが合っていない場合、基本的には買い替えをおすすめしますが、タオルなどで高さを調節することもできます。高さが足りない場合は枕の下にタオルを敷く、高すぎる場合は肩の下にタオルを敷くことで、高さ調節は可能です。

寝返り時の負担軽減

ストレートネック

また、人間は寝ている間に20~30回ほど寝返りをうっています。これは、身体への負荷を分散するためなのですが、ストレートネックの方は首への負担が大きいので、寝返りがうちやすい枕を選ぶことも意識しましょう。
具体的には、頭を乗せたときに埋もれてしまわないものが、寝返りをうちやすいので、できるだけ頭が埋もれないものを選択することが大切です。基本的には、低反発よりも高反発の方が、頭が埋もれにくいので、寝返りもうちやすくなっています。

THE MAKURAについてより詳しく知りたい方へ

THE MAKURA
THE MAKURA

THE MAKURA

寝るだけで体のゆがみを整える 『まくら型 整体器具』 / 枕カバー付き

販売価格33,000円(税込・送料込)
決済方法代金引換クレジット後払い ※分割払いもご利用いただけます
THE MAKURATHE MAKURA33,000円(税込)送料無料買い物かごに入れる買い物かごに入れる
買い物かごに入れる買い物かごに入れる