OFFICIAL BLOG

健康の豆知識

痛みでしっかり眠れない高齢者の睡眠問題

公開日:2022.11.15 | 更新日:2022.11.14 | 著者:kasuya

ご高齢者になると当たり前のようにあちこち体の痛みを抱えることが増えてきます。

夜寝ていると

突然足をつってしまったり
寝返りした時に腰、背中の痛み、股関節、膝の痛み

など

「痛みで目を覚めた」または「痛みでなかなか眠れない」

という「痛みのせいで」睡眠障害を引き起こすケースが多いようです。

こういった慢性的な身体の痛みや睡眠の質の低下は想像以上に疲労を溜めてしまいます…

その日の疲れはその日のうちに解消が鉄則

朝目覚めた時に前日の疲れがすっかり取れていることが重要です。
そのためにやるべきなのは「体のストレスをリセット習慣」。

疲れやストレスが溜まった体は血流が滞っています。なので、血流を促せば、疲れは解消できると考えています。
特に女性は、熱量を作り出す筋肉量が男性に比べて少ないので、体が冷えやすく疲れが溜まりやすいもの。

まずは毎日積み重なる体のだるさや疲れをリセットしましょう。

次にどうやって疲れを解消するか解説します。

ネックストレス(首の負担)の解消

ストレートネック

パソコンやスマホ作業などで、重い頭をずっと支えている常に首は負荷がかかっています。ストレートネックになることで肩コリ、首コリ、頭痛などが症状として出やすく、また、ひどくなると手のシビレや吐き気、めまい、耳鳴りなども引き起こし、全身症状に繋がってきます。

ネックストレスは、毎日積み重なってくるものなので毎日リセットすることが大切です。

睡眠は体の疲労回復や傷んだ細胞を修復する時間なので「ネックストレス」を改善するのに効率的な時間です。
質の良い睡眠を取ればネックストレスをリセットし、ネックストレスによって引き起こされた疲労も回復してくれます。

ただ、もしお使いの枕が高さや硬さが合わない枕だった場合、ダメージを回復するどころか、悪化させてしまう可能性があります。

正しい寝姿勢を作り、体の回復力を最大限にアップする寝具で眠ることが大事です。

首の負担を軽くする枕でケア

お勧めしたいのが”首に負担のかからない”という発想で作られている整体枕「THE MAKURA」です。
一般的な枕は、首から頭部をアーチ状に支えています。この形状だと、頭蓋骨内部にある一番端の頸椎を支えることができません。


頚椎が圧迫されると首の血流が悪くなってしまい、翌朝まで疲れが残る原因になってしまいます。
「THE MAKURA」は寝ている際に首の負担がかからないよう設計された3段構造で、首のストレスをフリーにする目的で多くの方に使われています。

疲労回復の理由、それは人間本来の自然治癒力を高めること

「自分の力で病を癒し、治す自然の力」
=自然治癒力は人間にもともと備わっている能力の一つです。

THE MAKURAは首の負担を軽くすることで
人間本来の自然治癒力を発揮させ寝てる間の回復力を高めて
次の日に疲れを残さない習慣を作り出します。

THE MAKURAで、⾸にかかっていた負担をリセットすると…

①体のゆがみを正し血液の流れを正常化します。

 ↓ ↓ ↓

②しっかり眠れることで、疲労を次の⽇に残さない。

呼吸改善をはじめ、体の緊張を解放。
副交感神経を働きやすくする。つまり、心身がリラックスし眠りやすい状態を作り出します。

 ↓ ↓ ↓

③体の回復力が高まることで症状緩和に役立ちます。

蓄積された疲れをリセットするには
THE MAKURAを活用すると疲れの取れ具合が違うと思います。

歳を取れば誰でもどこかしら痛くなる、しょうがないと諦めてしまった方こそ

一度はTHE MAKURAを試していただきたいです。

THE MAKURAの詳細はこちら

関連記事